長野県

THE SAIHOKUKAN HOTEL

端末機導入事例

日本国の歴史において重要な歴史を持つホテル。長野駅から善光寺までのちょうど中間あたりに立地する、国内有数の老舗ホテルで、1998年の長野オリンピックの際には皇族をはじめ、サマランチ国際オリンピック委員会会長(当時)などの重要来賓 (VIP) が宿泊しました。
格調高いホテル館内には約800名を収容できる大宴会場のグランドボールルームがあり、民間の会場として日本で初めて皇族の宮中晩餐会が開かれました。
東郷青児、中川紀元が制作したステンドグラスがダイニングバー「SEIJI」に現存しています。また、東郷青児のステンドグラスはホテルのロゴマークの元にもなっています。

【公式サイト】THE SAIHOKUKAN HOTEL公式サイトはこちらから